歯磨き粉について

暑い日が続いていますね☀💦

みなさん熱中症には気をつけて

しっかり水分補給して下さいね☺︎

歯磨き粉についてですが…

みなさん市販用と歯科用があるのは

ご存知ですか??

◎研磨剤

リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、ピロリン酸カルシウム、不溶性メタリン酸ナトリウム、二酸化ケイ素、無水ケイ素など…

歯が削れる原因にもなると言われています。

アルミホイルに歯磨き粉をつけて磨く実験があるのですが…市販のもの多くが濁った色になります。それが毎日の歯磨きにとなるとびっくりしますよね…(;’ω’∩)歯も削れるのも頷けます。

歯科用では低研磨や無研磨のものが多く、毎日の歯磨きでも安心して使えます。

◎発泡剤

ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリルスルフォン酸ナトリウム

歯磨きしていると泡がいっぱいになって、気持ち悪くなりお口をゆすぐことはありませんか?

市販では発泡剤で歯ブラシがすぐ終わってしまう。磨いた気になってしまうなどがあります。

歯科用では低発砲で、気持ち悪くなりにくく、歯ブラシも長く行えます。また少ないうがいで済むため歯磨き粉のいい成分を残すことができます!

もちろん!汚れが残っていては、いい歯磨き粉を使っていても意味がないです( ⋅ ̯⋅ ) 💭

歯石は歯医者で除去して

歯垢(バイオフィルム)がつかないよう

歯ブラシの方法、歯間ブラシ、フロスなどを使い、歯磨き粉のいい成分を浸透させましょう〜‎|•’-‘•)و✧

最近では、虫歯予防、歯周病予防、知覚過敏予防など様々な歯磨き粉があります。

自分のお口の中の状況をしっかり把握するには、歯科衛生士にお任せ下さい💪( `ω´ 💪)

どのようなものがあうか、お口の中を見させて頂いて、オススメさせて頂きます( ˘ᵕ˘ )

暑いのでぜひ涼しい歯科医院に来て、お口の中のお掃除をしてスッキリしましょう\❤︎/

2018年7月24日