マウスガード

マウスガードとは?

 皆様がよく観られるマウスピースはスポーツなどで付けてるイメージが強いとおもいます。
 マウスガードは歯を保護する為につけるもので、近年ではストレスが原因で歯ぎしり、くいしばり
 顎関節症など、歯の磨り減り予防や顎関節の治療に用いられてます。

  ●歯ぎしり…就寝中に上下の歯を擦り合わせる事
  ●食いしばり…日中(仕事や家事、勉強中など)にぐっと食いしばる事

 原因は「ストレス」・「癖(噛み癖)」!
  これによって歯を失う大きな要因となります!!(歯周病を悪化させます)

 歯と歯が接触している時間は1日20分程度が正常といわれています。

 歯と歯が接触している時間が増えることによって歯に負担がかかり歯の磨り減りが起きます。

 

起こりうる症状

 ① 歯が磨り減る、欠ける
 ② 歯周病の進行が治まらない
 ③ 被せ物や詰め物は取れる、欠ける
 ④ 歯が割れる(抜歯が必要になる)
 ⑤ 関節症になる(カクカク音が鳴る、開閉しにくい、痛む)
 ⑥ 歯がしみる
 ⑦ 頭痛、肩こり   など

 噛むことはとてもいいことですが、噛みすぎることによって、歯や顎、そして噛む為に必要な筋肉
 に悪影響がでてしまいます。

 歯ぎしり、食いしばりがあると自覚される方は少なく、寝てる間などはまったく気付かないので周辺
 の方に聞くなど、ご自身の状態を再確認しましょう!

 

歯切りし食いしばりチェック!

 

犬歯や歯が磨り減っている。 家族に歯ぎしりを指摘された。
舌や頬に歯の跡がついている。 硬い食べ物が好き。
朝起きると顎、頬が重だるい。 歯と歯茎の境目がくぼんでる。
歯がしみる(知覚過敏症) 肩こりがひどい
頭痛がすることが多い 詰め物が何度も取れる
顎がカクカク音がする  

 

 

 

2013年9月3日